• 羽佐間一潮

56歳からの創業(はじめに)

 今日で創業から丸1年。創業年度に6割の企業が倒産すると言われる世の中で、このほど決算を迎えられたことはありがたく、家族や取引先、友人皆さまに心から感謝申し上げます。


 さて、会社の雇用制度も70歳延長に向けて厚生労働省は制度づくりを進めており、来年の2021年4月には企業への努力義務化が行われる見込みです。50歳を過ぎ、残りの人生をどのように活かすか、思案のしどころで、そのまま会社に残るも良し、転職して、自分のキャリアを試すも良し。大事なのは、一度振り返ることだと思います。


 私は55歳という年齢は、チャレンジを行う最後の機会だと思っております。現在は60歳定年、その後一定の条件の下で65歳までの雇用延長が主流です。転職を例に取りますと、採用側は55歳から採用すると65歳まで10年活用できます。60歳からの転職では、65歳まで5年ほどしかなく、新しい職場や仕事スタイルへの適合までの期間を鑑みると、採用側の企業は、戦力化できる活用期間は短くなるため、採用時は概して低く見積もられます。従い、新たにチャレンジするのであれば、気力もまだ残っている55歳を目標にすることをおすすめします。尚、創業を選択する場合は上記いずれの条件には当てはまりませんので、起業を通じて社会に十分還元できるものと信じております。


 私の場合は創業という選択を取りました。なぜ、創業に踏み切ったのかは、ブログの中でおいおいご紹介いたします。さて、私が会社を創業する上で1つ決めたことがあります。それは起業するなら、フリーランス(個人事業主の事)ではなく、きっちりと法人を設立しようと決めました。法人格があれば、企業と直接取引できます。そして、「せっかく起業するなら会社設立まで自分でやってみよう」とめったに経験できないこの機会を有効に使うことに決めました。


 設立準備から会社の事業開始まで、どのようなプロセスであったのかを自分の経験を通じてなるべくわかりやすく、具体的に紹介し記録に残すこととしました。これがこのブログのテーマです。会社設立はとてもパワーが必要です。また会社勤めとは違い、保証など一切ない世界は時として不安に襲われることもあります。これから創業を考えている方の参考して頂ければ幸いです。


 これから、つらつらと綴ってまいりたいと思いますので、たまに覗きに来てください。お待ちしております。




最新記事

すべて表示

3.創業に向けた税理士の選択

私がどのように現在の税理士とお会いし、選定に至ったかをご紹介します。 ポイントは以下の3つです。 ・どこに税理士事務所を紹介してもらうか? ・どのような税理士事務所を選ぶか(料金とサービスは千差万別)? ・選定ポイント

2.最初に決めること:会計帳簿

突然、会計帳簿?と思われる方も多いかも知れません。これは私が30年以上のシステム構築経験から、データの保全と完全性、およびシステム保守が重要であるからです。 データ消失が行われた場合、その影響は計り知れません。また、データ完全性の視点から自社の総勘定元帳をもとに最終的な決算データを実現できる点を重視しました。決算処理にあたり、最終的な帳簿調整を税理士と行った場合、記帳漏れなどの補正は発生します。税

1.創業準備

(1)情報収集 創業準備を始めたのは、退社の4ヶ月前です。6月のボーナス月の月末を退社日と定め3月初旬頃より創業準備にとりかかりました。創業にあたり、あたりまえですがどのようなプロセスを踏む必要があるか一切わかりませんでしたので、まずは外観を理解すべく創業までのプロセスを紹介しているWebサイト情報から関連情報を収集しました。 色々と公開されていますが、とてもわかりやすく整理されていたのがこちらの

©2019 by TideONE.co.jp, All Rights reserved